1ブログ

胸椎・トライアスロンセッション

1月22日(金) (練習所要時間125分)

■バイク 75’固定ローラー(回復走)

■ラン 40’ジョグ(豊公園・不整地)

シューズ: ミズノ ウェーブライダー 24

 

※昨日のスピード練習とセット練習の位置付けで、強度は落としながらも長めに身体を動かす。

 

※バイク、ランともに脊椎の中でも胸椎(後弯部)から重心を崩し続ける(落下の連続)感覚が良くなってきている。

合わせて頸椎と腰椎のタメ感と仙骨周りのフリー感も出てきていて、脚の生え際が高い位置(割腰)に捉えられている。

この辺りの身体感覚の向上は、クランクを伸ばしたことも影響している模様。

 

 

1月23日(土) 

■CASANEトライアスロンセッション 指導

・スイム 50’(陸上エクササイズ10’・メニュー40’)

キックドリル、片手スイム 等

 

・バイク ローラー60’(ドリル30’・メニュー30’)

 

 

※雨、雪の多い湖北地方の冬。施設利用でお世話になっている山東B&G海洋センター様には本当に感謝しております。


ラン練習会(400m×8)

1月7日(木)(練習所要時間150分※車移動時間含む)

■ラン70’@神照運動公園(400m土トラック)

W-up 10′

Eペース10′

(Rペース400m・400mjogつなぎ)×8

Eペース10′

C-down 10′

シューズ: ミズノ ウェーブライダー 24(アップ・ダウン)+ミズノ ウェーブクルーズジャパン(E・Rペース)

 

※Eペース=4’10″/km、Rペース400m=67″〜69″ 、400mjog=1’40″〜1’50”

 

※湖北地方のトライアスリート、ランナー、CASANEのクラブメンバーを中心に集まって練習会形式でのトレーニングがスタート!

やっぱり1人でやるよりも気合いも入って、前向きに練習に取り組めた。

今後は木曜日の夜を中心に、神照運動公園または、浅井ふれあいグラウンドで定期開催予定。


波乗り

1月20日(水) (練習所要時間:65分)

■ラン 60’ジョグ(湖岸芝生〜豊公園不整地)

※シューズ:ミズノ ウェーブライダー 24

 

 

※某フリマアプリにて良い状態のものが格安で購入出来たので、初使用。

これまで履いてきたデイリートレーナータイプのシューズで1番相性いいんじゃないかというくらいスムーズに走れた。

 

沈み込みが少なく柔らかすぎないミッドソール(自分の好み)はレスポンスがよく、加えてしっかりしたヒールカップ&ミズノウェーブのプレートが抜群の安定感を与えてくれているのか、重心の移動がとても滑らかに走れる感覚は、まさにウェーブライダー (波乗り)!と走りながら感動した。

 

中学・高校の陸上部時代からミズノは、ウェーブエアロ、ウェーブスペーサー、ウェーブエンペラーやウェーブクルーズなどのテンポアップモデルや、レーシングモデルは結構履いてきてたが、デイリートレーナーは何気に初めてだったのでこれからは要チェックだわ。


インソール相談・アニメ鑑賞ローラー

1月18日(月) (練習所要時間:45分)

■ラン 40’ジョグ(豊公園・不整地)

※シューズ:アシックス・ソーティトレーナー

※隙間時間でのトレーニング。登り局面はスピード上げて、プチファルトレク風。

 

 

※クラブメンバーより、インソールのご相談を受ける。

クラブでは取り扱っていないメーカーのインソールでも、その方が使用されることで有益なものであると判断した場合は、使用目的や使用するシューズのチョイスなど全力でサポートさせて頂きます。

 

 

1月19日(火)(練習所要時間:180分)

■バイク 180’固定ローラー

※今週も火曜が雪模様、、、。

先週に続きAmazonvideoでアニメ見ながらLSD強度で3時間黙々と漕ぐ。

もはやトレーニングしているというより休日の娯楽の時間。

エネルギー補給(固形物)も加えれば、4時間、5時間と伸ばしていけそうな感覚。

うん、ますます実走しなくなる方向だ。


フィジーク・アンタレス

1月17日(日) (練習所要時間:90分)

■バイク 80’固定ローラー(メニュー約55’+流し約25’)

 

   

 

※L4強度10’の2セット目、ラスト2’地点(=1番しんどいところ)でまさかの回線トラブル。速攻復旧したがイベント復帰はかなわず、別コースで3’漕いでおいた。

 

 

※メニュー終わってから、サドル交換。

スペシャライズド・ローミンからフィジーク・アンタレス へ。

 

昨日クランクを172.5mmに伸ばしたことで、やや前乗り気味になる加減か、ローミンの溝の部分と恥骨のあたりが強くなったのが気になり、溝なしかつノーズが太めで前乗りしやすいアンタレスへ変えてみた。

 

25分程低強度(=サドルへの荷重が多い状態)で漕いでみたが、ノーズの広い面で支えられる分、恥骨〜会陰部の圧迫が柔らぎそう。

 

 

※シートポストごと変更して、前のサドルとセッティングにはいつでも戻れるようにしておいた。